今すぐお金借りたい

今すぐお金を借りたい時のおすすめ方法とは?

 

急にお金が必要になった時、「今すぐお金借りたい」ですよね。

 

  • 賃貸住宅の更新料を忘れていて出費が増えた。
  • 冠婚葬祭で急にお金が必要になった。

こんなことは誰にでもあることです。

 

 

このページでは、今すぐお金を借りるための、安心・安全の方法をご紹介しています。


 

このページを読めば、
最短1時間で必要なお金を借りることができます。

 

今すぐお金を借りる一番のおすすめの方法は、お金を貸してくれるサービスを利用することです。

 

お金を借りるなら、

  • 日払いの即金のバイトをする
  • 身近な人からお金を借りる

 

このような方法がありますが、
バイトを探す手間や、身近な人にバレてしまうのも嫌なことです。

 

お金を貸してくれるサービスであれば、きっちり返済していればバレることもありませんので安心です。

 

今すぐお金を借りるおすすめのサービス一覧

今すぐ,お金,借りたい

 

プロミス

商品名:フリーキャッシング
金利4.5~17.8%
審査時間最短30分
限度額500万円

 

プロミスの3つの魅力
Webなら最短1時間で融資も可能
初めての人だと30日間は利息0円で利用できます。
Webで完結できる

 

 

モビット

金利3.0~18.0%
審査時間最短30分(10秒簡易審査結果)
限度額800万円

 

モビットの特徴
顧客満足度ランキング2年連続No.1
Web完結申し込みが可能
三井住友銀行利用ならATM手数料0円

 

 

アイフル

金利3.0〜18.0%
審査時間最短30分(1秒診断)
限度額800万円

 

アイフルの特徴
初めての人だと30日間は利息0円で利用できます。
Webで完結できる
融資可能か1秒で診断できる
あなたにピッタリな借り方を30秒で診断できる

 

 

消費者金融は安心なの?

今すぐ,お金,借りたい

 

このサイトでは今すぐお金を借りる方法として、消費者金融をおすすめしています。
消費者金融と聞くと、

 

  • 利息が高い
  • 取り立てが厳しい

 

このようなイメージがあるかもしれません。
実際私はこのようなイメージを持っていました。

 

しかし最近では法整備が進み、少額のお金を借りただけで大きな問題に発展することはありません。

 

利息については、借りる前に実際にどれくらいの利息を払うのか確認しておくことをおすすめします。
例えば10万円を金利18.0%、30日間借りた例で計算してみます。

10万円 × 18.0% ÷ 365日 × 30日 = 約1479円

 

金利18%と聞くと高く感じるかもしれませんが、
10万円程度借りるだけでは、利息は少し高いランチ程度です。

 

キャッシングやカードローンを利用する人が多いのは、法整備や利息の管理が出来るからかもしれません。

 

JICC(株式会社日本信用情報機構)によると
消費者金融登録者数は、1819.5万人
消費者金融利用中の数は1071.1万人
だそうです。

 

日本の総人口が約1億2000万人程度ですので、
登録者数は6、7人に1人、
さらに借り入れ中の人は11人に1人に上ります。

 

意外にもキャッシングやカードローンを利用している方が多いのですね。

 

さらに、お金を借りる理由を見てみると、

  • 子供の教育に関係する費用で2.7%
  • 医療費による出費で5.1%
  • 冠婚葬祭による出費で5.0%

と言うデータもあります。

 

やはり誰にでも「今すぐお金を借りたい」って時があるんですね。

 

キャッシングやカードローンを利用する際は、
必要な額だけ借りるようにして、計画的な返済をしましょうね!

 

 

今すぐお金借りたい時の流れ

今すぐ,お金,借りたい

 

お金を借りる時の流れは大きく分けると2つになります。

 

パターン1

  1. ネットで申し込み
  2. 審査に通過
  3. あなたの銀行口座に振り込みしてもらう

 

パターン2

  1. 申込
  2. 審査通過
  3. 最寄りの自動契約機や無人契約機でカードを受け取る
  4. 併設のATMやコンビニATMで出金

 

おすすめはパターン1になります。
自分の口座に振り込んでもらえますので、慣れた銀行ATMで操作するのとほとんど同じ作業でできますので安心です。

 

今すぐ,お金,借りたい

 

カードローンの審査の際に、運転免許証など身分を証明できる書類が必要になります。
50万円程度の借入れの場合は源泉徴収票などの収入証明書は不要なサービスもあります。
保証人や担保も不要ですので気軽に申し込んでみると良いと思います。

 

大手なら即日融資に対応しているサービスが多く、初めての方なら30日間は無利息の場合がほとんどです。
ただし銀行カードローンは2018年1月から即日融資が受けられず、個人向け融資の審査が厳しくなっていると言われていますので注意が必要です。

 

「とにかく今すぐお金借りたい!」って時は、そもそも借入れ可能なのかどうか数秒で出来ますので診断してみると良いと思います。

 

 

今すぐお金を借りる時の注意点

今すぐ,お金,借りたい

 

今すぐお金を借りるサービスがあっても、実は注意が必要なことがあります。
それは申込み時間です。

 

あなたの銀行口座に即日で振り込んで欲しい場合、銀行の営業時間を意識しておきましょう。
銀行の営業時間はだいたい9時から15時までですので、申込→審査→振込までを即日にしてもらうなら、
少なくとも14時までには申し込みを済ませておきましょう。

 

 

まとめ

 

誰にも知られずに、今すぐお金を借りるならカードローンが1番おすすめです。

 

サービスの選び方として、

  • 少しでも利息を低くするならプロミス
  • 借入額が高額ならばモビット

がおススメです。

 

 

今すぐお金を借りたいなら、まずはプロミスで審査申込をしてはいかがでしょうか?

 

 

今すぐお金を借りたい理由とは?

冠婚葬祭が急に入って今すぐお金を借りたい
今月携帯電話を使いすぎて今すぐお金を借りたい
など、今すぐお金を借りたい時はいつ起こるかわかりません。

 

ここでは今すぐお金を借りたい理由から、今すぐお金を借りたい状況にならないようにする方法をご紹介します。

 

今すぐお金を借りたいようなお金が足りなくなる原因として、

  1. 収入と支出のバランスが悪い
  2. 固定費用が多い
  3. 無駄な出費が多い

 

この3つが挙げられます。
1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

収入と支出のバランスが悪い

今すぐお金を借りたい状況とは、単純に言えばお金が足りない状況です。
収入より支出が多いと当然お金が足りなくなり、急な出費が必要な時には今すぐお金を借りないとどうしようもない状況になってしまいます。

 

収入と支出で良いバランスにするには、まず支出を見直す必要があります。
支出を見直す時に必要なのは「家計簿」ですね。
なので現在家計簿をつけていないとすれば、家計簿をつけることで今後今すぐお金を借りたい状況を回避する一歩になります。

 

今すぐお金を借りたい状況を回避する家計簿のおすすめの付け方とは

  • 1ヵ月1ページで記入していく
  • 食費や交際費、固定費のような大枠のジャンルで分け、細かく分けすぎないようにする

 

家計簿をつけ、1ヵ月にあなたが何に対してどれだけ支出しているのかわかるようにします。
その次に支出の種類のバランスに目を向けます。
例えば、支出の中で住宅費用はどれだけの割合を占めているのか家計簿を付ければわかります。

 

家計簿をつけることで支出のバランスに目を向ける土台を作る必要があります。

 

固定費用が多い

支出を大きく2つに分けると、急な出費と固定の出費に分けられます。
注目するのは固定費用です。

 

固定費用とは、家賃や光熱費、携帯電話やインターネットなどの通信費、車をお持ちの方だと車のローンですね。
この固定費が多いと常にお金が貯まらない状況になります。
言ってみれば、収入も増える予定がなく、固定費が多くて今すぐお金を借りたい状況だとすれば、
今後も同じように今すぐお金を借りたい状況がやってくると言えます。

 

逆に固定費を見直すことでお金を貯める土台を作ると良いと思います。
固定費を見直す際のポイントとして家賃を例にしてご紹介します。

 

住宅費用は収入の1/3が目安と言われています。
つまり収入の1/3より払っている住宅費用が多いとすれば、少なくとも1/3以下になるような住宅を探すと良いでしょう。

 

同じように生命保険や携帯電話などの通信費も世帯や家族構成によってネットでは平均費用が出てきたりします。
このような平均の数字を参考に、あなたが実際に支払っている固定費用を見直してみると良いでしょう。

 

平均を超えている場合は、「使いすぎ」と意識して改善していくことで今すぐお金を借りたい緊急事態を無くす土台を作ることが可能になります。

 

無駄な出費が多い

固定費のほかにも無駄なが出費が多い場合は、お金が足りずに今すぐお金を借りたい状況に陥ります。
家計簿をつけることで、何に対していくら出費しているのがわかるようになります。
次は予算を決めて、予算内で生活をするようにします。
例えば食費は月4万までと決めておけば、使い過ぎた場合でも約束の4万円を超えるまえに調整することも出来るようになります。

 

また、予算を決めておくことで自分では意味のある買い物と思い購入したくても、予算を超えていれば今すぐお金を借りたい状況になる可能性は高まります。
予算はあなたの収入から導き出した数字ですので、客観的に自分の買い物を制限することが出来るようになると思います。

 

今すぐお金を借りたい状況を回避する3ステップ

  1. 家計簿をつける
  2. 固定費用を見直す
  3. 予算を決める

 

この3つのステップを踏むことで、今すぐお金を借りたい状況を回避することが可能です。
それでも今すぐお金を借りたい場合は、
今すぐ,お金,借りたい 今すぐお金を借りたい時のおすすめの方法
を参考にしてください。

 

 

今すぐお金借りたいけど、ほんとにバレないの?

今すぐ,お金,借りたい

 

今すぐお金借りたい状況だからと言って、どんな方法を取っても良いわけではないと思います。
「周囲にバレずに今すぐお金を借りたい状況を解決したい!」

 

結論から言いますと、カードローンの場合は周囲にバレずに借り入れや返済が可能です。

 

家族や親せきだけでなく職場や近隣住民にもバレずに借りることが可能です。
しかしバレずに解決しようとするなら、それなりの方法が必要になります。

 

まず、周囲にバレる原因の90%が郵便物だと言われています。
その他の原因としては、返済の記録が通帳に記入されたり、在籍確認の電話がかかってくることで、旦那や妻に知られることになります。

 

ここではカードローンで今すぐお金を借りる場合の、周囲にバレないようにする方法をご紹介します。

 

在籍確認で職場にバレないようにするには?

会社員の方がカードローンに申し込むと、審査の際にカードローン会社から在籍確認の為、職場に電話がかかってくる場合があります。
本当は無職なのに、仕事をしているふりをしていないか、本当に職場で働いているのか?を確認されるわけですね。
まずは、借りるカードローン会社に審査の際に在籍確認の電話があるのかどうか確認しておくと良いと思います。

 

バレないようにするには、

  • 個人名で電話をかけてもらう
  • 自分が電話に出れるように時間指定をする

 

在籍確認の電話で職場にバレないようにするには、この2点を押さえておくと大丈夫です。
また、仮に電話に出れず同僚が電話に出たとしても「○○は、ただいま席を外しております。」と、
このように返答してもあなたの在籍は確認できますので何度も電話にかかってくることはありません。

 

仮に「今の電話何?」と聞かれても、銀行名で電話が来るので、
「銀行の口座開設の書類に不備があったみたい」
「クレジットカードを作った」
などと返答しておけば問題ないと思います。

 

家族にバレないようにするには?

家族にバレないようにお金を借りる方法として、

  • 電話番号は携帯番号にしておく
  • カードを郵送で受け取らずに、窓口や自動契約機で受け取る

 

この2点を踏まえておくと家族にバレる心配はありません。
カードローンでお金を借りる時に送られてくる郵送物はカードです。
カードを郵送で自宅へ送るのではなく、窓口や自動契約機で受け取るようにします。

 

カードを受け取る手順は、

  1. Webで借り入れの申し込みを行う
  2. 審査結果がメールに返ってくる
  3. 自動契約機でキャッシング用のカードを受け取る(本人確認書類が必要ですの忘れないようにしましょう)

 

今すぐお金を借りたい!と言う緊急の時に、「ネットで借り入れの申し込み、カードの受け取りは自動契約機」の手順が融資までの時間が短いと言われていますのでおすすめです。

 

どうしてもカードの受け取りが難しい方は、現在消費者金融系のカードローンでプロミス、アイフル、モビットはカードレスで契約が出来ると言われていますので、気になる方は消費者金融系をおすすめします。
今すぐ,お金,借りたい 今すぐお金を借りたい時のおすすめの方法

 

 

今すぐお金借りたい時のカードローン以外の方法とは?

このサイトでは、今すぐお金を借りる方法としてカードローンをおすすめしています。
理由は、即日融資サービスが多く無担保で借り入れできるサービスが充実している点ですね。
その他にも周囲にバレにくい、いつも使っているATMの操作とよく似た感覚で借り入れが可能。
など「今すぐお金借りたい!」と言う時にベストな方法としておすすめしてきました。

 

ここでは、カードローン以外のお金の借り方をご紹介します。
カードローンも含めて、お金を借りる方法はどれくらいあるのでしょうか?

 

一度見ておきましょう。

 

  • カードローン
    1. 銀行系カードローン
    2. 消費者金融系カードローン
  • キャッシング
  • 親や兄弟、友人からお金を借りる
  • 銀行でお金を借りる
  • 勤め先からお金を借りる
  • 市役所からお金を借りる
  • 国からお金を借りる
  • 個人間融資掲示板でお金を借りる
  • 質屋からお金を借りる
  • 警察からお金を借りる

 

実は探してみると、お金を借りる方法ってたくさんあるんですね。

 

銀行系と消費者金融系カードローンはどちらが良いの?

今すぐ,お金,借りたい

 

銀行と消費者金融、今すぐお金を借りたいからと言って、どっちでも良いのか気になると思います。
イメージで言うと銀行の方が圧倒的に良いイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?

 

しかし今すぐお金を借りる視点でみると消費者金融の方が良いと言われています。
消費者金融と銀行と比べてみても、審査やスピードに銀行が驚くほどと言われています。

 

例えば消費者金融の場合だと、全国に無人の契約機があります。
提携する銀行の口座には手数料無料で24時間振込を行うサービスもあるほどで、お金を貸し出すサービスと言う視点からみると上なのでしょうね。
今すぐお金を借りたい時に、邪魔くさい手続きなどやってられないと思います。

 

個人にお金を貸すと言う視点で考えると銀行よりも良い評判だったりします。

 

 

今すぐお金を借りる時に、親から借りるのはおすすめしません

今すぐ,お金,借りたい

 

ネットでも見かける方法で、親からお金を借りる方法があります。
1番身近な方法だと思います。

 

しかしこのサイトでは、親からお金を借りる方法はおすすめしていません。

 

と言うのも、お金の問題は揉め事になりやすいのが理由です。
また、お金を借りるにしても、お金をもらうのと同然であれば贈与税も関係してくる場合があります。

 

「今すぐお金を借りたい!」場合は、是非あなたから借用書や契約書をきっちり提出してお金を借りることをおすすめします。

 

 

今すぐお金を借りたい時に、消費者金融に手を出すのはヤバい?

消費者金融と聞いて、あなたはどのようなイメージがあるでしょうか?

 

  • 金利が高い
  • 取り立てが厳しい
  • 多重債務になる

 

このようなイメージがあるかもしれませんね。
しかし意外にも若年層の方にとっては、あくまでも金融機関の一種と言うイメージもあるようです。
これも時代の流れだと思います。

 

さて、消費者金融はヤバいのでしょうか?
ここでは、消費者金融、街金、サラ金の言葉を整理してみます。

 

消費者金融とは?

消費者金融とは、個人への金銭の貸し付けを行っている業者になります。
一般的には、一般の個人に対して無担保で融資を行う事業形態を指すようですね。

 

消費者金融で借りる場合は、全国展開やCMでも宣伝している程の大手を利用する方が良いと思います。
例えば、今すぐお金を借りるおすすめのサービス一覧でおすすめしているサービスが挙げられます。

 

サラ金とは?

サラ金と言う名の通り、サラリーマンを顧客にお金の貸し付けを行っている業者になります。
昔はサラ金と言う言い方もありましたが、最近では聞かなくなりましたね。
なので、現在の消費者金融の昔の言い方と言われていたりします。

 

街金とは?

言葉のイメージ通り、地域に密着した中小業者です。
消費者金融の大手に対して中小と言うイメージで言われています。

 

消費者金融でお金を借りるのであれば、大手が良いとお伝えしましたが、
街金のような中小の業者だと、貸金業の登録を行っていない違法な業者もあるので注意してください。
闇金のイメージですね。
今すぐ,お金,借りたい 今すぐお金を借りたい時のおすすめの方法

 

闇金かどうか識別するとすると、
例えば

  1. 貸金業に登録をしていない。(金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで調査可能)
  2. 違法な金利で貸し付け。(トイチと言われるものですね)
  3. 固定の電話番号の記載がない

 

などが挙げられます。

 

「今すぐお金を借りたい!」と言う時にはどうしても緊急性が伴っていますので、
口の上手な人に騙される可能性も高くなると思います。

 

焦ってしまう時こそ慎重に選びましょうね!

 

 

お金を借りるなら銀行が安全じゃないの?

「今すぐお金を借りたい!」と言う緊急を要する時でも、お金を借りると言えば「銀行」ってイメージはないでしょうか?
お金を預けたり、必要な時に引き出したり、お金に関することって銀行のイメージがあると思います。

 

今すぐお金を借りたい緊急の時は、銀行はどうなんでしょうか?
結論から言いますと、消費者金融系の方がおすすめになります。
今すぐ,お金,借りたい 今すぐお金を借りたい時のおすすめの方法

 

理由は、消費者金融系カードローンに比べて銀行カードローンは審査が厳しいと言われています。
今すぐお金を借りたいような緊急時には不向きと考えています。

 

もちろん審査に通過できそうであれば一度申し込んでみると良いと思います。
ちなみに銀行系カードローンは消費者金融系カードローンと比べて若干金利が安いのも特徴です。

 

例えば
三井住友銀行カードローン
金利4.0~14.5%
審査時間最短30分
限度額800万円

 

三菱UFJカードローン バンクイック
金利1.8~14.6%
審査時間最短30分
限度額500万円

 

ソニー銀行カードローン
金利2.5~14.6%
審査時間最短30分
限度額500万円

 

 

消費者金融系と銀行系カードローンの金利を実際に比べてみると・・・

 

消費者金融系の金利計算の例
10万円を金利18.0%、30日間借りた例で計算してみます。

10万円 × 18.0% ÷ 365日 × 30日 = 約1479円

 

銀行系の金利計算の例
10万円を金利14.0%、30日間借りた例で計算してみます。

10万円 × 14.0% ÷ 365日 × 30日 = 約1150円

 

消費者金融系と銀行系を比較してみると、
1479円 - 1150円 = 329円

 

500mlのペットボトルのお茶2〜3本程度だと思います。
「今すぐお金を借りたい!」緊急時に、329円をケチって審査に落ちる可能性が高いローンよりも、
ほぼ確実にすぐに必要なお金を準備できるローンを選ぶと良いかなと考えています。

 

 

今すぐお金借りたい緊急時に会社からお金を借りる方法について

冠婚葬祭関係など、今すぐお金を借りたい緊急の時の方法で「給料の前借り」の方法がありますよね。
給料の前借りをする前に知っておくことを記載しておきます。

 

まず給料は働いた分の実績に対して支払われるため、働いてないと当然給料ももらえないし前借りも出来ません。
ですので、給料をもらったばっかりでさらに前借りするとなると働いた日数が少ないためあまり前借りに期待しないほうが良いと思います。

 

さらに給料の前借りについて労働基準法では、「労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令定める非常の場合の費用に充てる為」と定められています。この定めに該当するかどうかも要チェックですね。

 

給料の前借り以外に、会社からお金を借りる方法があります。
それは「従業員貸付制度」です。
こちらの方法では、勤め先の会社で従業員貸付制度があるか確認する必要があります。
10万円程度なら借りることが可能と言う情報もありますので、確認しておいて損はないと思います。

 

以上制度に基づいて記載してきましたが、やはり冠婚葬祭や本当にお金に困っていて何としてでも「今すぐお金借りたい!」と言う状況であれば、
一度相談してみるのも良いと思います。

 

そこで、今すぐお金を借りれるかどうかはやはり普段の行いに関わってくると思います。

 

 

給料の前借りをする方法

給料を前借りをする場合、まずは以下の2つの手順を踏むと良いでしょう。

 

  • 勤め先の上司に事情を説明し、給料の前借りを申し出る
  • 前借りする際は借用書を準備し、提出をする

 

会社によって借用書までは必要ないケースもあると思いますが、
お金を前借りする時の申し出る姿勢として借用書の準備をおすすめします。

 

また自ら準備しておくことで、お金に関して誠実というイメージを少なからず与えることができると思います。
借用書は会社のテンプレートがあるかもしれませんが、あったとしてもまずはご自身で準備しましよう。

 

借用書を作成する上での記載事項として例を挙げておきます。

 

  • 勤め先の宛名
  • 前借りしたい金額
  • 返済期日
  • 利息について(利息なしなら、0%と記載しておく)
  • 前借りしたい年月日
  • 名前
  • 住所

 

上記を記載し、署名捺印をしておきましょう。
借用書のテンプレートはネットでもありますので、探してみると良いと思います。

 

今すぐお金借りたいという緊急の状況になるのは、誰にでもあることだと思います。
しかし前借りするとなると、普段のあなたの「信用」が一番大切です。
「やっぱりお金にルーズだったか・・・」
と思われるか、
「普段きっちりしているのに、よっぽどのことがあったのだから仕方がない。
困った時はお互い様だ。」
と思ってもらえるかは、あなた次第になります。

 

お金借りたい時は市役所でも借りれるの!?

お金が足りなくて生活に困ると言う時に、市役所や区役所では対応してもらえないのでしょうか。
実は市役所には「生活福祉資金貸付制度」と言う制度があります。

生活福祉資金貸付制度とは

低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度。
出典:生活福祉資金|全国社会福祉協議会

当然貸付には条件があります。

 

貸付条件について

低所得者世帯 必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者等の属する世帯
高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯

出典:厚生労働省 

お金を借りたい時に気になるのが連帯保証人や貸付金の利子があります。
これらに関して生活福祉資金貸付制度では、
連帯保証人に関しては、原則必要だが、連帯保証人を立てない場合も貸付可能としています。
ただ連帯保証人を立てる場合と立てない場合で貸付金の利子が異なってきます。

 

連帯保証人を立てる場合の利子は無利子で、立てない場合は年1.5%としています。
ただし緊急小口資金、教育支援資金は無利子です。

 

貸付資金の種類

生活福祉資金貸付制度の貸付資金の種類は豊富で、種類によって限度額や利子など貸付条件が違ってきます。

 

総合支援資金 生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費
福祉資金 福祉費、緊急小口資金
教育支援資金 教育支援費、就学支度費
不動産担保型生活資金 不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金

 

この中で、お金を借りたい!ってなった時に生活福祉資金貸付制度の「緊急小口資金」を利用すると良いと思います。

 

緊急小口資金とは、
緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける少額の費用のこと。

 

貸付条件

  • 貸付限度額は10万円以内
  • 据置期間は、貸付けの日から2月以内
  • 償還期限は据置期間経過後12月以内
  • 貸付利子は無利子
  • 保証人は不要

 

緊急とだけあって保証人不要、利子も無利子と言うのは良い条件です。

 

しかし市役所からお金を借りるのも良いことばかりではありません。
緊急と言っても、実際に借りれるのは審査など通過して総合で5日ほどかかると言う情報もあります。

 

「今すぐお金借りたい!」と言う本当の緊急時には、残念ながら向いてないように思えます。

 

今すぐお金を借りたい本当の緊急時には、民間のすぐにお金を貸してもらえるサービスには敵わないと思いますので、やはりカードローンがおすすめになります。
今すぐ,お金,借りたい 今すぐお金を借りたい時のおすすめの方法

 

それでも一度相談したい!と言う方は、この貸付制度は、あなたがお住まいの地域の市区町村社会福祉協議会で受け付けています。
問い合わせをしてみると良いと思いますね。

 

都道府県社会福祉協議会 お問い合わせ先一覧

 

 

今すぐお金借りたいなら総合支援資金貸付は?

今すぐお金借りたい時に、国からお金を借りる情報をネットで検索すると出てくるのが「総合支援資金貸付」です。
この総合支援資金貸付は、生活福祉資金貸付制度の1つになります。

 

結論から言いますと、この総合支援資金貸付でも「今すぐお金借りたい!」状況には向いてないと思われます。
今すぐお金を借りたい状況は、緊急性を求めているため公的機関の貸付け制度を利用するとなるとどうしても緊急性に満足できるサービスはないと考えています。
このサイトでは「今すぐお金を借りたい!」緊急の人に対して解説しているので、おすすめは民間の専門サービスであるカードローンをおすすめしています。
ただ、初めてで申し込みに不安な方で時間のある方は利用してみると良いかもしれません。
今すぐ,お金,借りたい 今すぐお金を借りたい時のおすすめの方法

 

総合支援資金 生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費
福祉資金 福祉費、緊急小口資金
教育支援資金 教育支援費、就学支度費
不動産担保型生活資金 不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金

 

総合支援資金とは

「総合支援資金」は、失業などによって生活に困窮している人が、生活を立て直し、経済的な自立を図ることができるようにするために、社会福祉協議会とハローワークなどによる支援を受けながら、社会福祉協議会から、生活支援費や住宅入居費、一時生活再建費などの貸付けを受けられる貸付制度です。

出典:政府広報オンライン

 

総合支援資金と言うのは失業等によって一時敵に収入が減った場合、急な転居が必要にもかかわらず敷金や礼金の準備が出来ないような場合に利用できる制度です。

 

この総合支援資金の貸付対象者と貸付要件については、

  1. 低所得者世帯(市町村民税非課税程度)で、失業や収入の減少などにより生活に困窮していること
  2. 公的な書類などで本人確認が可能であること
  3. 現在住居のある人、または、住居確保給付金の申請を行い、住居の確保が確実に見込まれること
  4. 法に基づく自立相談支援事業などによる支援を受けるとともに、社会福祉協議会とハローワークなど関係機関から、継続的な支援を受けることに同意していること
  5. 社会福祉協議会などが貸付及び支援を行うことにより、自立した生活を営むことが可能となり、償還を見込めること
  6. 他の公的給付または公的な貸付けを受けることができず、生活費をまかなうことができないこと

 

つまり生活費のためのお金を借りる制度って感じですね。

 

ちなみに噂になりますが、消費者金融などから借りたお金を返せなくなった場合、弁護士など専門家に依頼することになります。
「債務整理」を行うわけですが、その際に必要になる費用を立て替えてもらう用途でも利用できるそうです。

 

逆に今すぐお金借りたい場合でも、この総合支援資金の審査条件の対象外の方は、「他の公的給付または公的な貸付けを受け」ている人ですね。
例えば、

  • 雇用保険の失業者給付を受給している
  • 就職安定資金等を利用している
  • 雇用保険受給資格がある(受給まで待機中の方も含みます)
  • 65歳以上で老齢年金の受給を現在している

 

総合支援資金の貸し付けの申し込み方法は?

今すぐ,お金,借りたい

 

総合支援資金の相談や手続きの窓口は、あなたがお住まいの市区町村の社会福祉協議会になります。
ただし、人によっては申請の方法が違ってきますので注意してください。

  • 離職中の方…ハローワークへ求職申込・職業相談
  • 住居がない人…地方自治体で実施している住居確保給付金の申請(住居がある人対象のため、住居確保が確実に見込まれるようにしておく必要があります。)

 

総合支援資金で必要な書類は?

  1. 総合支援資金借り入れ申込書(窓口で交付されます)
  2. 健康保険証及び住民票の写し
  3. 世帯の状況が明らかになる書類
  4. 連帯保証人の資力が明らかになる書類
  5. 求職活動などの自立に向けた取り組みについての計画書
  6. 借入申込者が、他の公的給付制度または公的貸付制度を利用している場合(または申請している場合)、その状況がわかる書類(ハローワークにて発行されます)
  7. 借入申込者の個人情報を、総合支援資金の貸付けに必要な範囲において関係機関に提供することについて記載されている同意書
  8. 住宅入居費の借り入れを申し込む場合の添付資料
  9. 総合支援資金の借用書
  10. その他、社会福祉協議会が必要とする書類

 

今すぐお金借りたい時に総合支援資金って役に立つの?

ここまで今すぐお金を借りたい時に総合支援資金について解説してきましたが、結局必要な書類をそろえるのに手間がかかったり審査に時間がかかる等、「今すぐ!」にはやはり向いてないと思います。

 

ただ、参考として実は貸付開始までの生活費を支援する「臨時特例つなぎ資金貸付」があったりします。
これは給付や貸付けが開始されるまでの間の当面の生活費を必要とする人向けの貸付けになります。
貸付け内容は、10万円までの資金で連帯保証人不要、利子も無利子で貸してもらうことができます。

 

こちらも対象者に条件がありますので、気になる方は一度相談してみると良いと思います。
あなたがお住まいの市区町村の社会福祉協議会の窓口で相談を受け付けています。

 

都道府県社会福祉協議会 お問い合わせ先一覧

 

 

今すぐお金を借りたい理由が事業資金の場合

自営業の方や個人事業主の場合に、お金を借りる方法があります。
起業して間がなく開業資金が欲しい、もしくは通常の運転資金が必要など、会社には現金が必要です。

 

会社にとって現金は血液と言われており、今すぐお金を借りたい状況だと至急解決しないといけません。
今すぐお金を借りたい時に、さっと解決できる力も社長として大切なスキルだと思います。

 

ここでは、今すぐお金が借りたい理由が事業資金の場合の借り入れ先をご紹介します。

 

日本政策金融金庫でお金を借りる

日本政策金融金庫とは、国が100%出資する金融機関です。
一般の金融機関を補完する機関として機能していますので、個人事業主や自営業の方で銀行からの借入が難しい場合、日本政策金融公庫から借り入れる手段があります。
日本政策金融金庫は公的機関ですので金利も低く、銀行からの借入が難しい個人事業主や中小企業に対して積極的に融資を行っています。

 

融資だけでなく事業の相談もできますので日本政策金融金庫は中小企業にとって心強い味方ではありますが、デメリットも存在します。

 

デメリットは

  1. 審査に時間がかかる
  2. 保証人が必要

 

この2点です。
一般の金融機関に比べて審査に時間がかかります。
だいたい3週間から1ヵ月かかると言われていますので、個人的には「今すぐお金借りたい!」と言う緊急の時には向いてない方法と考えています。
また、保証人も必要になります。

 

このようなデメリットはありますが、日本政策金融金庫から融資を受けることが出来ると、融資を受けた実績が残ります。
公的機関の融資専門の金融機関ですので、銀行ではなかなか借入が難しい場合、ここで融資実績を作っておくと今後民間の金融機関でも借りやすくなると言われています。
様々な融資制度がありますので、1度確認してみると良いと思います。
日本政策金融金庫 融資制度一覧

 

 

どうしても今すぐお金を借りたい場合は、
今すぐ,お金,借りたい 今すぐお金を借りたい時のおすすめの方法

 

銀行や信用金庫でお金を借りる

銀行と言っても、地方に密着した銀行やメガバンクなどの大手の銀行があります。
銀行の中でも中小企業がメガバンクから融資を受けることはなかなか出来ません。
門前払いされるケースがほとんどです。

 

1行や2行融資に断られても、今すぐお金を借りたい時は足を運べる銀行を全て回るくらいはしておくと良いと思います。
その際は地方の銀行や信用金庫がおススメです。
何度か足を運び、人間関係を築くことも良いと思います。

 

ビジネスローンでお金を借りる

今すぐお金を借りたい時は、やはり緊急でも資金調達が出来るサービスが良いと思います。
大手の消費者金融では、事業性資金の商品が用意されている場合があります。

 

便利な反面上記に比べて金利は高くなるので、なるべく早く返済するように心がけると良いと思います。

 

未成年の方がお金を借りたい場合は?

今までおすすめしてきた今すぐお金を借りる方法は、主に成人向けや事業主向けになります。
未成年の方が今すぐお金を借りたい場合、親や友人から借りるしかないのでしょうか?

 

未成年の方でもお金を借りれるのが「ろうきん」になります。
「ろうきん」とは、労働金庫の略で全国に13あります。
労働金庫法に基づき働く人のゆとりや豊かさを実現することを目的にしています。

 

労働組合、消費生活協同組合、その他労働者の団体が共同して組織する労働金庫の制度を確立しています。
これらの団体が行う福利共済活動のために金融の円滑化が図られています。

 

つまり、働く人達がお互いに助け合うためにお金を出し合い、利用しあうことで運営されています。
営利目的ではないのが銀行との大きな違いになります。

 

利益が目的でないので、ろうきんのローンの方が銀行のローンより低金利で借りられると言われています。

 

ろうきんの申し込み条件の年齢が満18歳〜65歳未満となっており、一般的なカードローンでは満20からの場合がほとんどです。
ろうきんなら、未成年の方がお金を借りたい場合でも18歳、19歳の未成年でも大丈夫な場合があるので、気になる方は問い合わせてみることをおすすめします。

 

ろうきんのローンの種類は4つあります。

ろうきんのローンの種類

  • カードローン…不意な出費や急にお金が必要な場合、くらしの様々な資金に繰り返し利用可能
  • 自動車ローン…運転免許の取得や車の購入、車検などの資金に利用可能
  • 住宅ローン…住宅の購入や増改築にかかわる費用や借り換えが可能
  • 教育ローン…入学金や授業料など教育に関する資金全般に利用可能

 

さらにろうきんのローンでは、勤務先の事情により離職や収入の減少で困っている場合、ろうきんローンを利用中のローンに関して返済額の減額や据置などの緩和される「勤労者生活支援特別融資制度」もあります。

 

今すぐお金を借りたい緊急時に金利の高いローンを組む前に、普段から家計を見直し、出来る限り安い金利のローンでお金を借りておくことをおすすめします。
どうしても今すぐお金を借りたい場合は、消費者金融系のカードローンなら即日融資が出来る場合もありますので早く解決出来ておすすめです。
今すぐお金を借りたい方は、
今すぐ,お金,借りたい 今すぐお金を借りたい時のおすすめの方法
を参考にしてください。

 

ろうきんでローンの借り方

ろうきんでローンを借りる手順

  1. ろうきんのサイトより仮審査の申し込みをする
  2. ろうきんの店舗から仮審査の結果連絡(ここまで約1週間程度)
  3. ろうきんの店舗へ行き本申込の手続きを行う
  4. 審査・融資の承認(ここまで約2〜3週間程度)
  5. 店舗で契約手続きを行い、利用を開始する

 

ろうきんは全国に13ありますので、お近くのろうきんでまずは問い合わせをしてみると良いと思います。
全国のろうきん一覧

 

消費者金融系のカードローンと大きくことなるのは、Webだけでは完結しないことです。
さらに時間もかかってしまいますので、結論から言うと「今すぐお金を借りたい!」と言う緊急の時には向いてないと思います。

 

今すぐお金を借りたい緊急の時には、消費者金融系のカードローンが一番おすすめになります。
今すぐお金を借りたい方は、
今すぐ,お金,借りたい 今すぐお金を借りたい時のおすすめの方法
を参考にしてください。

 

今すぐお金借りる前に知っておきたい審査内容

今すぐお金を借りれるサービスがわかっても、審査に落ちると意味がありません。
普段よりも今すぐお金を借りたい状況では焦っていることもあり、審査に落ちると余計に焦ってしまうことになると思います。

 

審査に落ちても問題ないように、複数のサービスに申し込む方法もあると思いますが、ここでは審査で落ちないように審査内容をご紹介します。
カードローンやキャッシングの審査内容は、年収以外にも様々な項目があり、各項目を数値化して合計点で審査しています。
この審査のシステムのことを「与信スコアリングシステム」と言います。

 

スコアリングシステムは、「クレジットスコアリング」とも呼ばれ、統計的モデル(一定のロジック)に基づいて、個人または企業の信用度を点数化(スコアリング化)し、与信可否を迅速かつ中立的に判断するシステムのことをいいます。
参照:スコアリングシステム

 

審査の種類は2種類あります。

  • 属性に関する審査:年収や年齢、勤務先や勤続年数、居住状況など
  • 信用情報に関する審査:借入状況や返済実績など

 

属性審査、信用情報審査ともにさらに細かく項目が分かれています。
利用回数が多いほど評価が高い、借入期間が長いほど評価が高いなど一般的な考え方とは少し違った評価だったりします。
詳細は今すぐお金借りたい!|審査に落ちないための基礎知識をご覧ください。

page top