今すぐお金借りたい

今すぐお金借りたいなら審査内容を知ろう!

今すぐお金を借りたい時に、審査に落ちてしまっては意味がありません。
審査の内容を知ることで、ご自身の信用度合いがわかります。
審査に落ちそうな申し込みをするより、今すぐお金を借りたい時は審査を通過できそうなサービスに申し込むことも重要です。

 

このページでは、今すぐお金を借りたい人のために審査内容をご紹介します。
他にも今すぐお金を借りたいような緊急の時に困らないように、あなたの信用情報を調べる方法もご紹介します。

 

普段から少し自身の信用情報を知っておくと、急にお金を借りたい時でも焦る心配はないと思います。
審査の内容は大きく2種類あります。

 

  • 属性に関する審査:年収や年齢、勤務先や勤続年数、居住状況など
  • 信用情報に関する審査:借入状況や返済実績など

それぞれ細かく項目がわかれていますので、詳しく紹介をしていきます。

 

今すぐお金を借りたい!属性スコアリングをチェックしよう

年齢や年収、勤務先や勤続年数、居住状況などの属性スコアリングを項目別にみていきましょう。

 

職業

職業に関する審査で、有利な順番を並べます。

  1. 公務員
  2. 大企業
  3. 中小企業
  4. 自営業
  5. アルバイト
  6. 無職

信用が判断されるため、公務員が大企業よりも有利になっています。
また、自営業で資金がある人でも順位を付けると中小企業よりも低くなっています。

 

雇用形態

雇用形態にかんする審査で有利な順番を並べてみます。

  1. 正社員
  2. 契約社員
  3. 派遣社員
  4. アルバイト

正社員が当然有利にはなりますが、パートやアルバイトの方でも申し込み出来るのは魅力だと思います。

 

年収

  1. 400万円以上
  2. 200万円〜400万円未満
  3. 200万円未満

国税庁が行った2017年民間給与実態統計調査では、男女合わせた正規雇用者の平均年収は493.7万円だそうです。
年収の審査は借入限度額を決める上で重要な審査項目ですが、年収が低くても安定した収入があれば借り入れが可能です。

 

勤続年数

  1. 10年以上
  2. 5年〜10年未満
  3. 1年〜5年未満
  4. 6か月〜1年未満
  5. 6か月未満

借入では安定した収入かどうか重要と思われますので、6か月未満だと一般的にはかなり厳しいと言われています。

 

健康保険証

  1. 公務員の共済保険
  2. 大企業の組合保険
  3. 中小企業の社会保険
  4. 国民健康保険

職業審査と同じ順位になりますね。

 

住居

  1. 自宅(本人名義)
  2. 自宅(家族名義)
  3. 官舎や社宅
  4. 賃貸
  5. 公営住宅

住居に関する審査は経済状況の判断もありますが、どのような家に住んでいるかを審査することで、夜逃げの可能性を判断しているそうです。本人名義の持ち家になるほど夜逃げの可能性は低いわけですね。

 

居住年数

  1. 10年以上
  2. 5年〜10未満
  3. 3年〜5年未満
  4. 3年〜1年未満
  5. 1年未満

住居に関する審査と同様に、住居年数でも夜逃げの可能性が判断されます。
居住年数が長い程夜逃げの可能性が低いと判断されるわけですね。

 

家族構成

  1. 独身・家族同居
  2. 既婚・家族同居・子供なし
  3. 既婚・家族同居・子供あり
  4. 既婚・同居なし
  5. 独身・ひとり暮らし

家族構成の審査では借り入れによって家族に迷惑をかけないようにしっかり返済してもらえそうかどうか判断されます。
ただし独身でも審査は通過するのであくまでも指標程度でとらえると良いと思います。

 

今すぐお金を借りるための信用情報スコアリングをチェック

次は借り入れ状況や返済実績などの信用情報に関する項目をみていきましょう。

取引実績

  1. 4回以上
  2. 1〜3回
  3. はじめて

信用情報では、取引実績がある人の方が高い評価になります。
今までキャッシングやカードローンで借りたことがない方が、お金に関する信用があるように思えるのですが、実ははじめての方が一番評価が低くなります。

 

取引期間

  1. 13か月以上
  2. 7〜12カ月
  3. 6か月未満

キャッシングやカードローンなどお金を借りていた期間が長ければ長いほど高評価になります。
お金を借りてもすぐ返す方が良い評価と思いきや、そうではないのですね。

 

借入残高

取引実績や取引期間の評価方法を見ていると、残高も高い方が良いと思われるのですが、借入残高は低い方が有利になります。
残高に関しては総量規制に関係してきますので、年収の1/3近くまで借りている方や、総量規制の対象外の場合だと年収の約半分近くまで借入残高があると審査はかなり難しいようです。

 

借入件数

  1. 0〜1
  2. 2〜4
  3. 5件以上

何社から借入しているかによって評価が変わってきます。
一般的には5社以上から借入している場合、新規の借入は難しいと言われています。
1社から高額の借入が出来ない方と判断されるわけですね。

 

信用情報のスコアをまとめると、取引実績は多い方が良く、取引期間は長く、借入残高は低く、件数は少なくが良いと言うことですね。
例えば100万円をカードローンで借りる場合でも、借り方によって次回の評価が変わってきます。
急にお金を借りたいような困った時のために、少しずつ普段からローン会社と良い付き合いをしておくのも良いかもしれませんね。

 

今すぐお金を借りる前に知っておきたい信用情報の確認方法

信用情報は、審査の前にご自身の信用情報を確認することができます。

 

信用情報の開示は、信用情報機関の会員である金融会社と契約者本人のみ許可されています。
信用情報機関(CIC・JICC・全銀行個人信用情報センター)で調べることが出来ます。

 

確認方法は、

  • インターネットで開示…PCやスマホから行えるため即日で回答があり一番早い方法
  • 郵送で開示・・・必要書類を郵送して開示報告書を取り寄せる
  • 窓口で開示・・・信用情報機関の窓口で開示報告書を受け取る

この3つの方法があります。
信用情報はあなたの信用力が問われる最も大切な情報の1つです。
今すぐお金を借りたいような緊急の時でも、申し込み内容が信用情報と照らし合わせて虚偽はないか調査されます。
申請内容に誤りがあり、虚偽と判断されただけでもあなたの信用も下がってしまいますので注意をしてください。

 

急にお金を借りないといけない場合に、審査に落ちてしまっては焦りが出てくると思います。
普段から信用を下げないようにすることや、現在のご自身の信用情報を知っておくことも即日審査キャッシングを可能にするテクニックだと思います。

 

外部リンク:信用情報の開示に関する詳細

page top